トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P49(789)~55(795)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Seminar

メカノバイオロジーからみた変形性関節症

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Mechanobiology for development of osteoarthritis.

岐阜大学医学部整形外科・特任助教 小川寛恭(Hiroyasu Ogawa)
岐阜大学医学部整形外科・教授 秋山治彦(Haruhiko Akiyama)

                                                         
Summary

 運動刺激は軟骨細胞活動性・関節軟骨代謝を制御する最も重要な細胞外因子の一つで,過剰な非生理的運動刺激は病的メカノトランスダクションを介して変形性関節症を引き起こす。一方,適度な運動は疼痛軽減や関節機能回復,軟骨マトリックス分解酵素の発現低下などの有益な結果をもたらす。カルシウムシグナルはメカノトランスダクションの最初のステップで,近年の研究では,生理的運動刺激と過剰な非生理的運動刺激は異なる二つのカルシウムイオンチャネル(TRPV4とPiezo ion channels)を介していることが報告されている。本稿では,軟骨代謝・メカノトランスダクションに重要なカルシウムイオンチャネルについて概説する。


 Articular cartilage is exquisitely sensitive to their mechanical environment, and mechanical loading may be the most important external factor regulating cartilage metabolism. Mechanical loading regulates chondrocyte activity, and pathological excessive loading leads to abnormal mechanotransduction, which in turn induces cartilage degradation. Several studies report that moderate levels of exercise exerts beneficial effects, such as improvements in pain and physical function, and also mitigates joint destruction through the down-regulation of the expression of matrix proteases. Calcium signaling is an initial step in chondrocyte mechanotransduction that has been linked to many cellular processes, and recent studies found that calcium ion channels distinctively mechanically activated by physiological or pathological mechanical loading through transient receptor potential vanilloid 4(TRPV4)or Piezo ion channels. We review here the recent progress on mechanotransduction of chondocytes, highlighting the calcium ion channels.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ