トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P63(803)~68(808)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Topics

iPS細胞由来軟骨組織を用いた関節軟骨再生

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Regeneration of articular cartilage damage using iPS cell-derived cartilage.

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)増殖分化機構研究部門細胞誘導制御学分野・教授 妻木範行(Noriyuki Tsumaki)

                                                         
Summary

 関節軟骨損傷の再生治療において,損傷部に移植する細胞や組織の供給が不足している。我々は,ヒトiPS細胞から軟骨細胞を分化誘導し,さらにその細胞に軟骨細胞外マトリックスを作らせて軟骨組織を作る方法を開発した。軟骨組織移植の修復機序は,移植物が修復軟骨を構成することを目指す。ヒトiPS細胞由来軟骨は生体軟骨と同様に免疫原性が低く,同種移植を行える可能性がある。有効性と安全性を評価する非臨床試験を行った後に臨床試験へと進み,実用化を目指したい。


 Induced pluripotent stem (iPS)cells have capacities of self-renewal and pluripotency. We have developed a method to differentiate human iPS cells toward chondrocytes, followed by the creation of cartilage tissue composed of chondrocytes and cartilage extracellular matrix. The mechanism through which tissue transplantation repairs cartilage defects involves the transplant itself constituting the repair tissue. Human iPS cell-derived cartilage has low immunogenicity and can be transplanted in an allogeneic manner. We are conducting pre-clinical tests on iPS cell-derived cartilage to verify efficacy and safety that will act as a basis for clinical tests.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ