トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P69(809)~76(816)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Topics

靭帯再生医療の現状と展望

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Current topics and future of ligament regeneration therapy.

Department of Molecular Medicine, The Scripps Research Institute 中道亮(Ryo Nakamichi)
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム発生再生医学分野  片岡健輔(Kensuke Kataoka)
Department of Molecular Medicine, The Scripps Research Institute/東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム発生再生医学分野  浅原弘嗣(Hiroshi Asahara)

                                                         
Summary

 関節において靭帯は,骨と骨を連結し適度な可動性と安定性を維持しており,靭帯は関節の機能・恒常性の維持にとって重要な役割をもっていることが分かる。しかし靭帯は加齢,外傷,炎症など様々な原因で損傷を受けることでその機能が減弱し,変形性関節症といった種々の疾患を引き起こし,結果,我々の生活の質は大きく低下する。我々はこの組織の再生を目指す上で,これまで発生学の視点から研究を行い,そこで転写因子Mohawkが腱・靭帯の発生や恒常性に重要であることを見出し,その機能を解析してきた。さらに,近年は幹細胞を腱・靭帯細胞へ誘導しⅠ型コラーゲン線維を生成する試みも行っている。本稿では,これまでに報告されている腱・靭帯の発生機構を我々の研究結果と共に概説する。


 Ligaments of joint have an essential role of proper mobilization and stabilization between bone and bone. Damage to ligaments caused by ageing, injury, and arthritis induce a disability of musculoskeletal system and has a problem to reduce our quality of life. To aim for the regeneration of ligaments, we have researched from the point of view of the developmet, found out that the transcription factor Mohawk has been important for the development and homeostasis of tendons and ligaments, and analyzed its function. Furthermore, we have also attempted to induce stem cells to tendon and ligament cells to produce type Ⅰ collagen fibers. In this article, we outline the mechanism of the development that has been reported including our approaches.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ