トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P77(817)~84(824)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Topics

変形性関節症の新薬開発の動向

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Emerging drugs for Osteoarthritis.

東京医科歯科大学医歯学総合研究科軟骨再生学・准教授 辻邦和(Kunikazu Tsuji)

                                                         
Summary

 関節軟骨の退行変性を主体とする変形性関節症(OA)の最大の愁訴は疼痛である。そのため,現在の保存療法で用いられる薬剤は,対症療法的に消炎鎮痛を目的とするものが大多数を占めている。一方で,近年の軟骨代謝研究の進展により,関節軟骨基質の代謝を制御する成長因子・サイトカインやその下流で働く転写因子,基質産生・分解酵素が同定され,それら活性を修飾する薬剤の開発が試みられている。これらは,関節症の病態そのものを改善する効果を期待するものである。OAの症状と病態の両方に効果を有する薬剤(単剤または組み合わせ)の開発が達成された場合,現在の保存療法,外科的療法に加えて,将来的には内科的療法の確立につながることが期待できる。


 Osteoarthritis(OA)is a group of diseases and mechanical abnormalities involving degradation of articular cartilage and subchondral bone. The major complaint of OA patients is persistent knee pain, which significantly decreases patients' activities of daily living. Therefore, most of the current treatment strategies for OA are based on symptom management by anti-inflammatory analgesics and improving joint mobility and flexibility by programed exercise and weight control. Recent progress in the field of cartilage metabolism led to develop new drug targets those play roles in structural disease modification in osteoarthritic joints.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ