トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P85(825)~91(831)

特集 軟骨研究と変形性関節症 Therapy

変形性関節症に対する間葉系幹細胞の関節内注射による治療

Cartilage/chondrocyte research and osteoarthritis. Intra-articular injection of mesenchymal stem cells for the treatment of osteoarthritis.

東京大学大学院医学系研究科 セル&ティッシュ・エンジニアリング寄付講座(富士ソフト)・特任准教授 疋田温彦(Atsuhiko Hikita)

                                                         
Summary

 間葉系幹細胞は,多分化能のみならず,様々な因子の分泌を通じて抗炎症作用,組織修復促進作用を示すことが報告されており,変形性関節症動物モデルを用いた実験では軟骨変性抑制効果が示されている。これらの知見を基に,変形性関節症に間葉系幹細胞を用いた臨床研究,治験が複数行われており,治療の安全性,症状の改善と軟骨修復を示唆する結果が得られている。間葉系幹細胞を用いた治療の今後の産業化においては他家細胞の利用が有利であるが,免疫反応などの課題の克服が必要である。


 Mesenchymal stem cells(MSCs)are reported to have not only multipotency, but also anti-inflammatory and tissue repairing effects. Assays using animal models for osteoarthritis show that MSCs suppress the degeneration of cartilage. Based on these data, clinical researches and clinical trials have been performed for the treatment of osteoarthritis using MSCs. Results of these trials show the safety of the treatment, improvement of the symptoms, and findings indicating the cartilage repair. For the industrialization of the treatment using MSCs, application of allogenic cells has many advantages, while issues such as the immune reaction must be overcome.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ