トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

血液フロンティア 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P53(879)~60(886)

特集 白血病幹細胞

5.白血病幹細胞の特性と治療応用

九州大学大学院 応用病態修復学 助教 菊繁吉謙(Kikushige Yoshikane)

                                                         
Summary

 急性骨髄性白血病における白血病幹細胞の純化,同定から20年以上が経過した。この間,種々の新規解析技術の進展にあわせて,白血病幹細胞研究は白血病発症機構の解明のみならず,臨床的予後との関連性,特異的治療標的分子の同定等,非常に幅広い展開をみせている。これは,白血病幹細胞モデルを用いた病態理解が,基礎的白血病モデルのみならず,実際のヒト急性骨髄性白血病の理解においても有用であることを示している。これまでの白血病幹細胞研究が何を明らかにし,今後どのような方向に研究が進化し,最終的に臨床的な応用が可能となっていくのかという点を本稿で議論したい。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ