トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

血液フロンティア 2018年6月号(Vol.28 No.6)

P104(930)~107(933)

症例ノート

新規プロテアソーム阻害剤による多発性骨髄腫の治療戦略

日本赤十字社医療センター 血液内科 副部長 塚田信弘(Tsukada Nobuhiro)

                                                         
Summary

 イキサゾミブは本邦で承認された3剤目のプロテアソーム阻害剤である。多剤抵抗性となった多発性骨髄腫に対し,イキサゾミブを含む3剤併用療法が有効であった症例を経験した。多剤併用は相乗効果を期待できるだけでなく,それぞれの薬剤の投与量を調節することにより有害事象を軽減できる場合もある。本例ではレナリドミドとデキサメタゾンが無効であり,レナリドミドによる血球減少により継続困難となったが,レナリドミドを減量してイキサゾミブを併用することにより長期の継続が可能であった。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ