トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年6月号(Vol.54 No.6)

P103(1439)~108(1444)

特集 実臨床へ向けた時間医薬研究の新動向

5.概日リズムの加齢変容と不妊

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科加齢口腔生理学分野 高須奈々
明治大学農学部動物生理学研究室・准教授 中村孝博
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科加齢口腔生理学分野 教授 中村渉

                                                         
Summary

 加齢に伴い女性の生殖機能は変容し,閉経を迎えるまでに性周期不整や不妊を呈する。このような移行期間に作用する要因は多岐にわたる一方,従来より規則正しい生活を心がけることが性周期不正の防止につながることが提唱されてきた。その生理学的メカニズムを明らかにするため,中年期の野生型マウスに対して“社会的時差ボケ”を引き起こすと,性周期不整を呈した。また,体内時計機能が変異した時計遺伝子Cry 欠損マウスは,早期に性周期不整や不妊症状を呈した。そこでCry 欠損マウスの固有の概日周期に対して環境の明暗周期を調和させたところ,性周期不整が改善し,妊娠成功率は劇的に上昇した。これらの結果は,早期に発症する性周期不整・不妊等の加齢変容が,体内時計の機能に強く依存することを示している。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ