トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年6月号(Vol.54 No.6)

P129(1465)~134(1470)

特集 実臨床へ向けた時間医薬研究の新動向

9.時間治療の実臨床への展開と課題

自治医科大学医学部薬理学講座臨床薬理学部門・講師 牛島健太郎

                                                         
Summary

 睡眠-覚醒サイクルに代表される生体リズムをはじめ,実臨床では疾患症状にも日内リズムのあることが古くから認識されていた。本特集の他稿でも紹介されているように,近年ではその日内リズムを形成する分子機構への理解が深まり,医薬への概日リズムの応用も期待されている。この日内リズムを考慮して薬物療法を構築するのが“時間治療(クロノセラピー)”であり,医薬品適正使用法の一つである。
 本稿では,これまでに報告された時間治療研究の成績を紹介し,これらを通して明らかになってきた課題について概説する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ