トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年6月号(Vol.54 No.6)

P167(1503)~168(1504)

連載 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報〈29〉

ジーンプラバⓇ点滴静注625mg

旭川医科大学病院薬剤部 山本譲
旭川医科大学病院薬剤部 教授/薬剤部長 田﨑嘉一

                                                         
Summary

◆製剤の特徴
 ベズロトクスマブ(以下,本剤)は,「クロストリジウム・ディフィシル感染症(Clostridium difficile  infection:CDI)の再発抑制」の適応を有する抗CDトキシンBヒトモノクローナル抗体である。本剤はCDにより産生される毒素(トキシンB)を中和する初めての薬剤であり,CDIに対する抗菌薬治療と併せて単回投与することにより,トキシンBによる腸管壁の傷害を抑え,CDIの再発を抑制する。現在,米国,欧州連合および本邦で承認・販売されている。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ