トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2018年7月号(Vol.25 No.7)

P80(940)~85(945)

特集 全身から考えるアレルギー性結膜疾患 Ⅴ.耳鼻科との連携

2.花粉症に対する免疫療法を中心に

高知大学医学部眼科学講座准教授 福田憲(Fukuda Ken)

                                                         
Summary

 眼科における花粉症(花粉性結膜炎)の現在の治療法は,抗原回避と抗アレルギー薬の点眼である。これらは対症療法に過ぎず,根治を目指した治療ではない。根治の可能性のある治療法として免疫療法があり,花粉症に対する免疫療法の眼症状に対する有効性が証明されている。日本でもスギ花粉症に対する舌下免疫療法が耳鼻科で広く行われ始めたが,現時点では眼科からの処方は非常に少ない。近年,抗原を発現させた遺伝子組換え米が開発され,将来この治療米を毎日食事として食べることでアレルギーを根治できる日が来るかもしれない。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ