トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2018年7月号(Vol.25 No.7)

P88(948)~93(953)

総説

複合型養子免疫がん治療

医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック 理事長 内藤康弘(Naito Yasuhiro)
医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック 免疫細胞研究センター主任研究員 神戸正臣(Kanbe Masaomi)
医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック 免疫細胞研究センター研究員 清水由布子(Shimizu Yuko)

                                                         
Summary

 ナチュラルキラー(NK)細胞療法,活性型リンパ球療法または樹状細胞療法などの養子免疫を利用した治療法は,がん免疫治療として広く利用されている。以前までの養子免疫がん治療は,抗がん剤や放射線などに比べて副作用が少ない一方で,その奏効性に関しては高くないことが課題であった。近年,1細胞単体による治療法ではなく,複数の細胞を組み合わせた治療法を行い,細胞間相互作用などにより,腫瘍特異的細胞またはサイトカイン産生の増加が明らかとなった。これは抗腫瘍効果を高め,QOL(quality of life)向上にも繋がり,今後の養子免疫がん治療のストラテジーとして期待できる。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ