トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P9(891)~13(895)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Review

BMIと骨密度・骨折

Body weight and bone/calcium metabolism. Body mass index, bone mineral density, and fracture.

安田女子大学薬学部薬学科・教授 藤原佐枝子(Saeko Fujiwara)

                                                         
Summary

 体重が多いこと,BMIが高いことは,骨粗鬆症や骨折に防御的に働くと考えられていた。肥満は大腿骨近位部骨折の防御因子であることは一貫しているが,最近の研究では,骨折部位によっては,肥満は危険因子であることが明らかになってきた。BMIと骨折リスクの関係は複雑で,部位によって異なり,骨密度の調整によって変化する。骨折リスク評価ツール(FRAX®)には,体重,身長は危険因子として入れられているが,肥満者においても将来の骨折予測の有効性は認められている。


 High body weight and high BMI has long been thought to protect against osteoporosis and fragility fractures. However, recent studies indicate that obese individuals fracture risk in some body sites increased with obesity, although it is consistent that obesity remains a protective factor for hip fracture. The association between BMI and fracture risk is complex, differs among fracture sites, and is modified by BMD. FRAX® tool including weight and height is effective to predict fracture even among obesity persons.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ