トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P15(897)~23(905)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Review

メタボリック症候群と骨・カルシウム代謝

Body weight and bone/calcium metabolism. Bone and calcium metabolism in metabolic syndrome.

島根大学医学部内科学講座内科学第一・講師 金沢一平(Ippei Kanazawa)
島根大学医学部内科学講座内科学第一・教授 杉本利嗣(Toshitsugu Sugimoto)

                                                         
Summary

 メタボリック症候群が骨・カルシウム代謝異常に関連することが報告されてきている。主な病態である内臓脂肪肥満,インスリン抵抗性が骨代謝異常,骨質劣化に関与する可能性がある。また,メタボリック症候群の構成要素である糖尿病,脂質異常症,高血圧症が骨折リスクに関連することも明らかになってきている。したがって,メタボリック症候群では骨密度低下がなくても骨質劣化が存在する可能性を考慮し,骨折リスクを評価する必要がある。


 Accumulating studies have shown that metabolic syndrome is involved in the disturbance of bone and calcium metablism. Main pathophysiological conditions, such as visceral fat obesity and insulin resistance, may cause abnormal bone metabolism and bone quality deterioration. Moreover, recent studies have reported that components of metabolic syndrome, such as diabetes mellitus, dyslipidemia, and hypertension, are associated with increased fracture risk. Therefore, we should consider the posibility that patients with metabolic syndrome have bone quality deterioration even if they have normal bone mineral density, and evaluate their fracture risk in clinical settings.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ