トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P37(919)~44(926)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Seminar

筋肉,マイオカインと骨・カルシウム代謝

Body weight and bone/calcium metabolism. Muscle, myokines and bone/calcium metabolism.

近畿大学医学部再生機能医学・教授 梶博史(Hiroshi Kaji)

                                                         
Summary

 骨格筋と骨の相互関連が注目されてきたが,筋はマイオカインを分泌することにより骨代謝に影響を及ぼすことが明らかとなってきた。マイオスタチンは,筋量抑制因子として知られ,Smad2/3のシグナルを介して筋量を減少させるが,骨吸収促進作用により関節リウマチの病態にも関与する。フォリスタチンは,マイオスタチンの作用を阻害することにより,重力変化による筋や骨の調節に関与することが示唆される。代謝改善作用を有するアイリシンは,メカニカルストレスや運動が筋や骨に及ぼす作用に関与する。マイオカインの研究は,サルコペニアと骨粗鬆症の診療に結びつくことが期待される。


 The interactions between skeletal muscle and bone have been noted, and muscle influences bone metabolism by secreting myokines. Myostatin is known as a myostatic factor through an inhibition of Smad2/3 signaling in muscle. It is involved in the pathophysiology of rheumatoid arthritis via a stimulation of bone resorption. Follistatin might be involved in the regulation of muscle and bone by gravity change through an attenuation of myostatin action. Irisin with energy metabolism improvement actions is related to the effects of mechanical stress or exercise on muscle and bone. The research of myokines might lead to the improvement of clinical practice of sarcopenia and osteoporosis.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ