トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P45(927)~50(932)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Seminar

インスリン・糖代謝と骨・カルシウム代謝

Body weight and bone/calcium metabolism. Relationship between insulin/glucose metabolism and bone/calcium metabolism.

せいせき内科・院長 竹田秀(Shu Takeda)

                                                         
Summary

 近年,糖尿病合併症の一つとして骨粗鬆症が注目されている。糖尿病では,骨の材料特性,構造特性のいずれもが損なわれ,骨強度が低下する。また,骨の産生するオステオカルシンは,インスリン分泌促進作用を有し,全身的に糖代謝を調節する可能性が示され,骨と糖代謝の間の密接な関係が明らかとなった。


 Recent advances demonstrated that osteoporosis is one of the major complications in diabetes. In Diabetic conditions, both bone material properties and bone microarchitecture are impaired, resulting in the decline in bone strength. Furthermore, bone-derived osteocalcin stimulates insulin secretion, thereby regulates the whole body glucose metabolism. Thus, it was revealed that bone metabolism and glucose metabolism are intimately involved.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ