トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P51(933)~57(939)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Topics

インクレチンと骨・カルシウム代謝

Body weight and bone/calcium metabolism. The effect of incretin hormones on bone and calcium metabolism.

東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科・助教 木下祐加(Yuka Kinoshita)

                                                         
Summary

 インクレチンは,摂食に伴って腸管内分泌細胞から分泌され,膵β細胞に作用してインスリン分泌を促進する消化管ホルモンの総称である。代表的なインクレチンとしてglucose-dependent insulinotropic peptide(GIP)とglucagon-like peptide-1(GLP-1)が知られている。インクレチン関連薬であるdipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬とGLP-1受容体作動薬は,2型糖尿病患者の高血糖や肥満を改善する効果を有する薬剤である。げっ歯類においてインクレチンによる骨量増加および骨質改善が報告されているが,インクレチン関連薬がヒトにおいても骨密度や骨折リスクを変化させるかどうかは今後の検討が必要である。


 Incretins are gastro-intestinal hormones released from enteroendocrine cells in response to food intake. Incretins such as glucose-dependent insulinotropic peptide(GIP)and glucagon-like peptide 1(GLP-1)modulate glucose homeostasis by regulating glucose-dependent insulin release from pancreatic βcells. Dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)inhibitors and GLP-1 receptor agonists are incretin-based drugs that have been used for the management of hyperglycemia and obesity in patients with type 2 diabetes mellitus. Although experimental studies have shown that incretin improves bone quality and increases bone mass in rodents, further studies are necessary to clarify the effect of incretin-based drugs on bone mineral density and risk of fractures in humans.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ