トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P59(941)~63(945)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Topics

卵胞刺激ホルモン(FSH)と肥満・骨粗鬆症

Body weight and bone/calcium metabolism. FSH and obesity, osteoporosis.

徳島大学大学院医歯薬学研究部生体機能解析学分野・教授 遠藤逸朗(Itsuro Endo)

                                                         
Summary

 閉経に際して,FSHの血中濃度上昇がその後の骨粗鬆症や内臓脂肪の蓄積に関連することが明らかとなってきている。近年,Zahidiらのグループは,FSHβサブユニットに対する抗体を用いてFSH受容体シグナルをブロックすることにより,閉経後の骨量減少を抑制できることを示した。さらに,同抗体を用いたFSH作用のブロックがベージュ脂肪組織における熱量産生増加をもたらし,体脂肪を減少させることも示している。これらの知見は閉経後骨粗鬆症や閉経に関連する脂質・エネルギー代謝異常症に対する新規治療法の開発に新たな展開をもたらすであろう。


 It is well known that the rise of FSH is a hallmark of menopause associated with osteoporosis and visceral adiposity. Recent days, Zahidi's group reported that blocking FSH signals prevents bone loss in ovariectomized mice by inhibiting bone resorption and stimulating bone synthesis. The same research group also showed that blocking FSH action reduces body fat volume by promoting beige fat thermogenesis. These findings open new doors for novel and complementary treatments addressing post-menopausal osteoporosis and metabolic diseases.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ