トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P81(963)~89(971)

特集 肥満・やせと骨・カルシウム代謝 Therapy

糖尿病治療薬と骨折リスク

Body weight and bone/calcium metabolism. Glucose-lowering agents and fracture risk.

帝京大学ちば総合医療センター第三内科 渡部玲子(Reiko Watanabe)
帝京大学ちば総合医療センター第三内科・教授 井上大輔(Daisuke Inoue)

                                                         
Summary

 糖尿病の骨折リスクには様々な因子が関与する。血糖コントロール不良自体も骨折リスクを高めるが,一方で一部の血糖降下薬も骨折リスク上昇に関与する。チアゾリジン系薬は主に骨密度低下により骨折リスクを高める。また,SGLT-2阻害薬についても骨密度を低下させて骨折リスクを高めることが報告されているが,クラスイフェクトとしての骨代謝への影響は未確立である。閉経後女性など,骨折リスクが特に高いと考えられる糖尿病患者に対しては,慎重な血糖降下薬の選択と骨粗鬆症に対する適切な介入が必要である。


 Diabetes is associated with increased fracture risk, involving a variety of factors. Besides poor glycemic control itself, some glucose-lowering agents are also associated with increased fracture risk. Thiazolidinediones increase fracture risk probably through inhibition of bone formation as well as increased resorption leading to decreased BMD. Sodium-glucose cotransporter(SGLT)-2 inhibitors have been reported to decrease BMD and increase fracture risk. However, the class effect of SGLT-2 inhibitors on bone metabolism remains to be established. In diabetic patients, especially in those with high fracture risk such as postmenopausal women, careful selection of glucose-lowering agents as well as appropriate and timely intervention for osteoporosis is necessary.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ