トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

血液フロンティア 2018年7月号(Vol.28 No.7)

P47(1045)~53(1051)

特集 ゲノム編集技術の基礎と応用

4.エピゲノム編集による疾患治療の可能性

群馬大学 生体調節研究所附属 生体情報ゲノムリソースセンター 助教 森田純代(Morita Sumiyo)
群馬大学 生体調節研究所附属 生体情報ゲノムリソースセンター 准教授 堀居拓郎(Horii Takuro)
群馬大学 生体調節研究所附属 生体情報ゲノムリソースセンター 教授 畑田出穂(Hatada Izuho)

                                                         
Summary

 ゲノム編集とはゲノムの特定部位の配列を削除したり,あるいは特定部位に任意のゲノム配列を挿入・置換したりする遺伝子改変技術である。それに対し,エピゲノム編集は特定のゲノム領域のエピゲノムを操作する技術であり,DNAの塩基配列を変えることはなく,特定の遺伝子の発現を活性化したり抑制したり自在に操ることができる技術である。エピゲノムを自在に操作できるということは,基礎研究に与える影響はもとより,医療応用や産業応用において極めて大きな役割をもつと考えられる。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ