トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年7月号(Vol.54 No.7)

P71(1613)~79(1621)

特集 神経難病と創薬

2.神経難病と核酸医薬による分子標的治療の現状

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野 山田大貴
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野 プロジェクト准教授 永田哲也
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野 主任教授 横田隆徳

                                                         
Summary

 核酸医薬はRNAやタンパク質などを標的として細胞内遺伝子発現の段階での作用機序を有し,低分子医薬や抗体医薬ではアプローチできなかった疾患の根本治療としての可能性が期待されてきた。生体内での安定性や標的臓器へのデリバリー効率が問題となり,臨床現場にまで到達できた核酸医薬は多くなかったが,核酸化学や工学の発展に伴って上記の問題点を解決する研究が促進された。近年,核酸医薬は多くの成果を上げ,2017年には日本でもヌシネルセンが脊髄性筋萎縮症の治療薬として承認され,これにより従来有用な治療法が無かった神経疾患でも,核酸医薬の可能性が大いに期待されるようになった。現在,さまざまな神経難病に対する核酸医薬の臨床試験が進行している。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ