トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年7月号(Vol.54 No.7)

P136(1678)~142(1684)

原著

ヒト角膜上皮細胞に対するダニ抗原および塩化ベンザルコニウムの影響

参天製薬株式会社 奈良研究開発センター 非臨床研究統括部 薬理グループ 研究員 佐々木恭正
参天製薬株式会社 奈良研究開発センター 非臨床研究統括部 薬理グループ 主任研究員 加藤雅智
参天製薬株式会社 奈良研究開発センター 非臨床研究統括部 薬理グループ グループマネージャー Jin-ZhongZhang

                                                         
Summary

 通年性アレルギー性結膜炎の代表的抗原である,ダニ抗原および点眼液中に防腐剤として含まれる塩化ベンザルコニウム(BAK)が,ヒト角膜上皮細胞に対しどのような影響を与えるかを,SV40不死化ヒト角膜上皮細胞(HCE-T)を用いて検討した。その結果,ダニ抗原は,抗原中のプロテアーゼ活性によりHCE-Tを障害し,ダニ抗原とBAKの両処置は,BAK単独またはダニ抗原単独処置より,有意に高い障害性を示した。同様の障害は,BAKを配合する点眼液処置でも確認されたことから,ダニ抗原が主要因で起こる通年性アレルギー性結膜炎の治療に際しては,点眼液中のBAKの有無に注意する必要があると考えられた。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ