トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

化学療法の領域 2002年3月号(Vol.18 No.3)

P101(419)~106(424)

連載 原著

各種薬剤の創傷の治癒に及ぼす影響について

Effect of some drug's wound healing

東海大学医学部泌尿器科学教室 河村信夫(Nobuo Kawamura)
東海大学医学部泌尿器科学教室 田中元章(Motoaki Tanaka)
東海大学医学部泌尿器科学教室 臼井幸男(Sachio Usui)
東海大学医学部泌尿器科学教室 中島登(Noboru Nakajima)
木下英親(Hidechika Kinoshita)

                                                         
Summary

ラットを使って薬剤投与下の創傷治療の遅延について検討した。シスプラチン,硫酸ジベカマイシン投与群では遅延がみとめられたがセフタジジムセフィピムでは大きな遅延がみとめられなかった。尿による汚染や漢方薬のサイレイの投与は治療に影響を与えなかった。


Delayed Wound Healing Due to Various Antimicrobial and Other Drugs It is often necessary to administer antibiotics to treat or prevent wound infection. Wounds may be contaminated by urine, or surgery may need to be performed during treatment with anti-cancer drugs. With these situation in mind, we examined the effects of a number of drugs on wound healing using an animal experimental model. Strong effects were seen with aminoglycosides and cis-platinum, but little effect with drugs of the cephem class.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ