トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2018年2月号(Vol.28 No.2)

p125(283)~p129(287)


》》》BACK NUMBER


Vol.27, No.4(2017年4月号)
【特集 カルシウム感知受容体作動薬 Update】
Preface
・巻頭言~カルシウム感知受容体の機能とカルシウム感知受容体作動薬~  福本誠二
Review
・カルシウム代謝調節機構  大薗恵一
・ミネラル代謝調節におけるカルシウム感知受容体の機能  木下祐加
・ミネラル代謝調節以外のカルシウム感知受容体の機能  井上大輔
Seminar
・原発性副甲状腺機能亢進症の病因と病態  山内美香・杉本利嗣
・二次性副甲状腺機能亢進症の病因と病態  河原崎宏雄
・カルシウム感知受容体遺伝子変異による疾患と類縁疾患  道上敏美
Topics
・経口calcimimeticsによる心血管イベント抑制  濱野高行
・世界初の非経口calcimimetics;エテルカルセチド塩酸塩の発見と研究開発  井上敦人・原田一恒
・Calcilyticsの作用と適応  遠藤逸朗
Therapy
・原発性副甲状腺機能亢進症の治療とcalcimimetics  竹内靖博
・二次性副甲状腺機能亢進症の経口calcimimeticsによる治療  今西康雄
・二次性副甲状腺機能亢進症の非経口calcimimeticsによる治療  濱野直人・深川雅史
●理解を助けるトレーニング問題
・副甲状腺,腎臓におけるカルシウム感知受容体の作用について  木下祐加
・二次性副甲状腺機能亢進症の病態について  河原崎宏雄
【連載】
注目の海外文献(60)
1.椎体楔状変形の病因:2段階の経過によって生じるのか?
2.女性におけるBMIの違いによる椎体強度と推定骨折リスク
3.有痛性の急性期骨粗鬆性椎体骨折に対する椎体形成術の効果と安全性:多施設共同ランダム化二重盲検プラセボ対照試験  宮腰尚久

Vol.27, No.5(2017年5月号)
【特集 女性のライフサイクルと骨・カルシウム代謝】
Preface
・巻頭言~女性のライフサイクルと骨・カルシウム代謝~  寺内公一
Review
・日本人女性の骨・関節疾患の疫学と今後の展望  村木重之
・女性のライフサイクルと骨代謝マーカーの変動  茶木 修
Seminar
・エストロゲンによる骨・カルシウム代謝制御の分子機構  今井祐記
・妊娠後骨粗鬆症の病態・診断・治療  倉林 工
Topics
・原発性無月経女性の骨・カルシウム代謝  樋口 毅
・若年女性に対するOC/LEP(低用量経口避妊薬/低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)投与が骨・カルシウム代謝に及ぼす影響
 岡野浩哉
・女性のエストロゲン/アンドロゲンバランスと骨・カルシウム代謝  安井敏之・福岡美和
・女性の悪性腫瘍治療と骨・カルシウム代謝  小林範子
・女性の関節リウマチと骨粗鬆症  古谷武文
Therapy
・女性アスリートの疲労骨折  柳下和慶
・女性のライフサイクルに応じた骨・カルシウム代謝改善のための栄養療法  牧田和也
・女性のライフサイクルに応じた骨量増加のための運動・スポーツ  岩本 潤
・SERMによる骨粗鬆症治療と骨質  斎藤 充・丸毛啓史
● 理解を助けるトレーニング問題
・女性の骨・カルシウム代謝改善のための栄養療法について  牧田和也
・女性における骨量増加のための運動・スポーツについて  岩本 潤
【連載】
注目の海外文献(61)
1.Yap1は,骨格形成および骨修復過程において,軟骨分化の多段階ステップを制御する
2.Dickkopf-1は,関節リモデリングの主要な調節因子である
3.ヘッジホッグは,滑膜関節の発生と変形性関節症においてβ-カテニン活性を阻害する  西村理行

Vol.27, No.6(2017年6月号)
【特集 幹細胞システム】
Preface
・巻頭言~幹細胞システム~生体の横糸と縦糸  片山義雄
Review
・骨幹細胞システム  溝口利英
・筋幹細胞システム  湯浅慎介
・脂肪幹細胞システム  大石由美子・真鍋一郎
Seminar
・毛包幹細胞システム  沢津橋俊
・腸幹細胞システム  石橋史明・岡本隆一・渡辺 守
・神経幹細胞の運命制御におけるlncRNAの役割  木下隆太・岸 雄介・後藤由季子
・造血幹細胞のストレス応答メカニズム  田久保圭誉
Topics
・造血幹細胞移植後のGVHDによる腸幹細胞とそのニッチ傷害に起因する腸管免疫システムの破綻  早瀬英子・豊嶋崇徳
・がん微小環境におけるSASPの役割  大谷直子
・疾患特異的マクロファージ  佐藤 荘
・ヒト間葉系幹細胞の基礎と臨床  三浦康生
● 理解を助けるトレーニング問題
・腸管上皮幹細胞について  石橋史明
【日本骨代謝学会×医薬ジャーナル社 共同企画】
骨ルポ~Discovering the future~〈1〉
演題:Regulation of Appetite by the Skeleton. -ほか1報  寺島明日香
演題:Role of FGF9 in Promotion of Early Osteocyte Differentiation and as a Potent Inducer of FGF23 Expression in Osteocytes. -ほか2報  高士祐一
演題:Hypoxia Signaling-Induced Glycolytic Metabolism in Osteoblast can Affect Systemic Glucose Homeostasis by Increasing Glucose Utilization by the Skeleton. -ほか1報  田井宣之
演題:Vitamin D metabolism and action in human mesenchymal stem cells:Effects of fibroblast growth factor 23. -ほか1報  渡邊隆一
【連載】
注目の海外文献(62)
1.ユビキチンリガーゼHuwe1は造血幹細胞の維持とリンパ球へのコミットメントを制御する
2.敗血症誘導性骨芽細胞の欠失は免疫不全を引き起こす  寺島明日香
1.SIKは骨細胞の副甲状腺ホルモンに対する応答性を制御する
2.破骨細胞活性に関連したpH変動のリアルタイム生体内イメージング  林 幹人

Vol.27, No.7(2017年7月号)
【特集 老化と生体恒常性】
Preface
・巻頭言~特集「老化と生体恒常性」にあたって~  小川純人
Review
・骨の老化  森聖二郎
・骨格筋の老化  鈴木瑠璃子・田村好史
・関節軟骨と軟骨細胞の老化  松下雄彦・田中聡一
・カルシウム代謝と老化  福本誠二
Seminar
・性ホルモンと老化  大中佳三
・概日時計と老化  羽鳥 恵
・慢性炎症と老化  赤澤 宏
Topics
・超百寿者の特性と老化  新井康通
・運動模倣効果と老化制御を目指した新規AdipoR標的薬の開発  岩部美紀・山内敏正・岩部真人・門脇 孝
・老化制御因子ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)とその可能性  入江潤一郎・伊藤 裕
・心筋再生医療による老化制御  松浦勝久
Therapy
・骨・カルシウム代謝異常症に対する予防と治療  竹内靖博
・サルコペニアとフレイルに対する予防・治療  荒井秀典
・ロコモティブシンドロームに対する予防・治療  宮腰尚久
● 理解を助けるトレーニング問題
・概日時計と老化に関して  羽鳥 恵
・骨・カルシウム代謝異常に関して  竹内靖博
・ロコモティブシンドロームに関して  宮腰尚久
【連載】
注目の海外文献(63)
1.GDF11は,破骨細胞分化の促進と骨芽細胞分化の抑制により骨量を減少させる
2.セロトニン再取り込み阻害薬は中枢性に作用し,骨量減少を起こす  山下照仁
1.筋線維におけるオステオカルシンシグナルは,運動への適応に必須である
2.皮膚の慢性炎症はIL-17を介して骨芽細胞におけるWntシグナルを阻害し骨量を減少させる  中島友紀

Vol.27, No.8(2017年8月号)
【特集 骨質についての最新の評価法】
Preface
・巻頭言~骨質の探求は止まらない~  萩野 浩
Review
・骨質評価の重要性  山内美香・杉本利嗣
・骨質劣化の機序  斎藤 充・丸毛啓史
・骨画像による骨質評価  伊東昌子
・骨質劣化をもたらす疾患・病態  山田真介・稲葉雅章
Seminar
・QCTによる骨質評価  大橋 暁・田中 栄
・QUSによる骨質評価  松川真美
・骨組織による骨質評価  田中伸哉
Topics
・HRpQCTによる骨質の評価  千葉 恒・尾崎 誠
・ナノインデンテーションによる新たな骨質評価法  柴田 陽・宮﨑 隆
・DXAによる骨質評価~trabecular bone score(TBS)  曽根照喜
・骨質マーカー  三浦雅一・佐藤友紀
Therapy
・骨吸収抑制薬と骨質  永井隆士・石川紘司・黒田拓馬・大下優介・阪本桂造・稲垣克記
・骨形成促進薬と骨質  山本憲男・土屋弘行
● 理解を助けるトレーニング問題
・QCTによる骨質評価のパラメーターに関して  大橋 暁
・骨吸収抑制薬と骨質に関して  永井隆士
【連載】
注目の海外文献(64)
1.血流は骨の血管機能と骨形成を調節する
2.骨芽細胞はCxcl9を分泌し骨の血管新生を抑制する  網塚憲生
1.皮質骨の脆弱性-パイル病におけるsFRP4欠損からの洞察
2.肥満と加齢によって起こる骨髄内での脂肪細胞の蓄積は,造血と骨の再生を障害する  小林泰浩

Vol.27, No.9(2017年9月号)
【特集 骨粗鬆症リエゾンサービス】
Preface
・巻頭言~超高齢社会での健康の輪をつなぐために~  鈴木敦詞
Review
・骨折リエゾンサービスと骨粗鬆症リエゾンサービス  萩野 浩
・骨粗鬆症リエゾンサービスによる骨折一次予防  中藤真一
・骨折リエゾンサービスによる骨折二次予防  山本智章
Seminar
・骨粗鬆症リエゾンサービスと運動指導~ロコモティブシンドロームを踏まえて~  石橋英明
・骨粗鬆症リエゾンサービスと栄養指導  塚原典子
・骨粗鬆症リエゾンサービスと服薬指導  宮原富士子
・骨粗鬆症リエゾンサービスと多職種連携  池田 聡
Topics
・サルコペニア・フレイルと骨粗鬆症  荒井秀典
・再骨折予防とリハビリテーション  藤田博曉
・骨粗鬆症リエゾンサービスの費用対効果  森脇健介
● 理解を助けるトレーニング問題
・骨折の一次予防について  中藤真一
・骨粗鬆症リエゾンサービスにおける栄養指導について  塚原典子
【連載】
注目の海外文献(65)
1.ヒト脂肪組織形成におよぼす移植骨髄細胞の意義
2.オステオカルシンの新規生物学的意義
3.妊娠中ビタミンD欠乏と自閉症スペクトラム障害  武田英二
1.骨細胞特異的蛋白sclerostinの阻害は   多発性骨髄腫における骨量と骨折抵抗性を増加させる
2.Thymidine phosphorylaseは骨髄腫の骨吸収と形成に複合的な作用を呈する  安倍正博

Vol.27, No.10(2017年10月号)
【特集 口腔顎顔面に関連する疾患とその治療の現状】
Preface
・巻頭言~多彩なくち~  米田俊之
Review
・口腔の解剖  阿部伸一
・口腔顎顔面の発達成長とその異常  須田直人
・口腔免疫とその異常  石丸直澄
Seminar
・味覚とその異常  笹野高嗣
・口腔顔面痛の病態と治療  篠田雅路・野間 昇
・歯周病と全身疾患  天野敦雄
・睡眠時無呼吸症の口腔内装置による治療  秀島雅之
Topics
・周術期患者のオーラルマネジメント  吉川恭平・岸本裕充
・高齢者の口腔ケア  三輪俊太・石田 健・池邉一典
・身体障害者の口腔ケア  森崎市治郎
Therapy
・口腔がんの外科的治療  柴原孝彦
・顎変形症の外科的矯正治療  鈴木聖一
・骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に対する外科的対応  太田嘉英
・骨吸収抑制薬治療と歯科インプラント  黒嶋伸一郎
● 理解を助けるトレーニング問題
・歯周病が全身疾患の発症や進行に影響を与えるメカニズムについて  天野敦雄
・薬剤関連顎骨壊死について  黒嶋伸一郎
◆ 提供記事
・座談会:ビタミンD欠乏性骨軟化症の病態,症状および血清25(OH)ビタミンD測定の意義と測定タイミング  (提供:協和メデックス株式会社)
【連載】
注目の海外文献(66)
1.低骨密度,骨折と心血管疾患発生との関係:システマティック・レビューとメタ解析
2.高齢者男女における筋力と骨折後死亡の関係:25年の前向き研究
3.女性における大腿骨頚部と腰椎の骨密度の差がFRAXの確率に及ぼす影響  藤原佐枝子

Vol.27, No.11(2017年11月号)
【特集:ビタミンD Update】
Preface
・巻頭言~ビタミンD研究の新たな展開~  福本誠二
Review
・ビタミンD代謝の調節機構  道上敏美
・ビタミンDと骨・ミネラル代謝  増山律子
・ビタミンD受容体と核内受容体  槇島 誠
Seminar
・ビタミンDによる核内受容体を介したエピゲノム制御の分子機構  加藤茂明・西村耕一・森 甚一
・自己免疫疾患におけるビタミンD~基礎研究から臨床応用まで~  粟生智香・菊田順一・石井 優
・ビタミンDと代謝性疾患  山内美香・杉本利嗣
・ビタミンDと筋組織  金子一郎・宮本賢一・二川 健
・新規構造を有するビタミンD誘導体  影近弘之・藤井晋也・棚谷 綾
Topics
・エルデカルシトールと腸管カルシウム吸収  上西一弘・白木正孝
・エルデカルシトールと転倒  鈴木隆雄
・ビタミンD不足・欠乏  岡崎 亮
Therapy
・ビタミンDによるCKD-MBD治療  濱野直人・深川雅史
・ビタミンDによる代謝性骨疾患治療  渡部玲子・井上大輔
・ビタミンDによる副甲状腺機能低下症治療  皆川真規
・ビタミンDによる皮膚疾患治療  沢津橋俊
● 理解を助けるトレーニング問題
・ビタミンDに関して  道上敏美
・ビタミンD受容体について  槇島 誠
【連載】
【ミニ連載】 ゲノム編集~最新の遺伝子改変技術の原理と可能性~(Ⅰ-1)
・ゲノム編集の基本原理  山本 卓
注目の海外文献(67)
1.心線維芽細胞は骨芽細胞分化能を有し,心石灰化の治療標的となりうる
2.二種類の組織常在前駆細胞は異所性骨化において異なる表現型を誘導する  小野岳人

Vol.27, No.12(2017年12月号)
【特集:骨リモデリング制御と疾患】
Preface
・巻頭言~特集「骨リモデリング制御と疾患」にあたって~  田中 栄
Review
・骨リモデリングの基礎知識  山本智章
・骨リモデリングにおける破骨細胞の役割  自見英治郎
・骨リモデリングにおける骨細胞の役割  西田 崇・久保田 聡・滝川正春
Seminar
・骨吸収と骨形成のカップリング  竹下 淳
・骨リモデリングとモデリング・ミニモデリング  長谷川智香・網塚憲生
・不動化と骨リモデリング異常  塚本 学・酒井昭典
・ステロイド過剰と骨リモデリング異常  田中良哉
Topics
・関節リウマチにおける骨リモデリング制御  蛯名耕介
・リン代謝からみた骨リモデリング制御  宮本健史
・自然免疫細胞によるOsteoimmunology  片山義雄
・敗血症における骨リモデリング異常  寺島明日香
Therapy
・骨形成促進薬による骨リモデリング制御  竹内靖博
・骨吸収抑制薬による骨リモデリング制御  井上大輔
● 理解を助けるトレーニング問題
・遺伝子改変マウスの表現型について  竹下 淳
・関節リウマチにおける骨リモデリングについて  蛯名耕介
【連載】
【ミニ連載】 ゲノム編集~最新の遺伝子改変技術の原理と可能性~(Ⅰ-2)
・医学分野におけるゲノム編集の現状と将来展望  佐久間哲史
注目の海外文献(68)
1.局所での老化細胞の除去が外傷後変形性関節症の進展をおさえ,再生に向けての環境を整える
2.低骨量患者における骨折予防治療:米国内科学会の臨床ガイドラインアップデート
3.欧州対リウマチ連盟/欧州整形外傷学会連合による50歳以上の脆弱性骨折を有する患者の管理と再骨折予防  鈴木敦詞

Vol.28, No.1(2018年1月号)
【特集:運動器-エネルギー代謝連関】
Preface
・巻頭言~運動器系とエネルギー代謝系の連関制御と破綻メカニズムに迫る!~  山内敏正
Review
・骨産生ホルモンと全身性の制御  髙士祐一・福本誠二・松本俊夫
・老化に伴う運動器とエネルギー代謝の変動  矢可部満隆・秋下雅弘
Seminar
・骨格筋内の遺伝子調節を介した全身のエネルギー代謝制御機構  谷端 淳・武田伸一
・関節疾患とエネルギー代謝  廣瀬 旬
・ケトン体(運動)による臓器保護  島津忠広
Topics
・中枢神経系による摂食・代謝調節機構  箕越靖彦
・運動と脳機能  小野岳人・中島友紀
・体温調節の行動とその神経回路メカニズム-快適な温度環境を選ぶための温度感覚とは  中村和弘
・先制医療の実現に向けた運動模倣薬の開発  岩部真人・山内敏正・岩部美紀・門脇 孝
Therapy
・サルコペニアとエネルギー代謝  小川純人
・骨粗鬆症治療薬とエネルギー代謝  竹内靖博
・女性ホルモンとエネルギー代謝  平池 修・大須賀穣
● 理解を助けるトレーニング問題
・加齢に伴う変化について  矢可部満隆
・エストロゲンの全身的作用について  平池 修
【学会レポートASBMR 2017 REPORT】
・ASBMR 2017トピックス
 ~基礎研究(破骨細胞・骨吸収関連)~  宇田川信之
・ASBMR 2017トピックス
 ~基礎研究(破骨細胞・骨吸収関連)~  宮本健史
・骨粗鬆症治療薬  福本誠二
・ASBMR topics臨床系(Translational Researchを含む)  大薗恵一
【連載】
【ミニ連載】 エクソソーム:老化関連疾患の分子機構から体液診断まで(Ⅱ-1)
・骨代謝と骨疾患におけるエクソソームの役割  占部文彦・吉岡祐亮・落谷孝広
注目の海外文献(69)
1.RONキナーゼはがんに合併する骨破壊,あるいは閉経後性骨粗鬆症の治療薬開発のターゲットである
2.ROR1-HER3-lncRNAシグナルはHippo-YAPシグナル経路を調節することによりがんの骨転移を制御する  米田俊之




▲このページの上へ