トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年2月号(Vol.54 No.2)

p195(397)


2018年3月号特集内容予告



☆ 図表の閲覧はPDF版をご利用下さい。
特集・薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが示す方向性
    ~新規抗菌薬・診断法の開発を含めて~


                   【企画編集協力:東邦大学医学部医学科微生物・感染症学講座教授 舘田 一博】

1.薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが示す方向性
…………………………………………………… 東邦大学医学部医学科微生物・感染症学講座教授 舘田 一博

2.日本の薬剤耐性(AMR),世界の薬剤耐性(AMR)
………………………………………………………………… 東京医科大学微生物学分野主任教授 松本 哲哉

3.抗菌薬開発の現状と将来展望
……………………………………………………………………… 慶應義塾大学薬学部共同研究員 八木澤守正

4.薬剤耐性(AMR)時代に求められる抗菌薬の適正使用
…………………………………………… 佐賀大学医学部国際医療学講座臨床感染症学分野教授 青木 洋介

5.薬剤耐性(AMR)時代に求められる診断法
………………………… 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学病態解析・診断学分野教授 柳原 克紀

6.薬剤耐性(AMR)時代に求められるサーベイランス
……………………………………… 広島大学大学院医歯薬保健学研究院基礎生命科学部門教授 菅井 基行

7.薬剤耐性(AMR)時代に求められる感染対策
……………………………………… 東北大学大学院医学系研究科感染制御・検査診断学分野講師 具  芳明

8.薬剤耐性(AMR)と医療経済
……………………………………………………………… 明治薬科大学公衆衛生・疫学研究室教授 赤沢  学



※上記企画は一部変更が生じる場合もあります。








▲このページの上へ