トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2018年6月号(Vol.54 No.6)

p203(1539)


2018年7月号特集内容予告



☆ 図表の閲覧はPDF版をご利用下さい。
特集・神経難病と創薬

     【企画編集協力:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野主任教授 横田 隆徳】

序 ~神経難病治療の可能性~
………………………… 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野主任教授 横田 隆徳

1.神経難病と抗体医薬による分子標的治療
…………………………………… 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻教授 津本 浩平

2.神経難病と核酸医薬による分子標的治療の現状
………………………… 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野主任教授 横田 隆徳

3.神経難病と細胞治療の現状と将来
……………………… 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)増殖分化機構研究部門幹細胞医学分野教授 井上 治久

4.筋萎縮性側索硬化症の創薬の展望
……………………… 東北大学大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座神経内科学分野教授 青木 正志

5.脊髄小脳変性症の創薬の展望
………………………… 東京医科歯科大学医学部附属病院長寿・健康人生推進センター センター長 石川 欽也

6.パーキンソン病の創薬の展望
………………………… 京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学(神経内科)教授 高橋 良輔

7.アルツハイマー病の創薬の展望
…………………………… 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野特任教授 三條 伸夫

8.多発性硬化症の創薬の展望
……………………………………………………… 福島県立医科大学多発性硬化症治療学講座教授 藤原 一男



※上記企画は一部変更が生じる場合もあります。








▲このページの上へ